2014年12月06日

新事業部の募集にあたって

オーバーラインは3年前、代表の松本がインターネットの商品
紹介(アフィリエイト)の事業から会社をスタートさせました。
そして、事業を展開する中で、主婦の方に在宅で働いてもらう
様に展開していき、今では10数人までになりました。

そうやってメンバーが増えていく中でわかった事は、主婦の方に
とって、在宅でできる仕事の価値はとても大きいという事です。


今まで仕事をしてきた方が主婦になると一気に世界が狭くなる。
社会との接点がなくなり、切り離された感じがある。

交友関係はママ友だけになる。
以前からの友人も未婚の友人とは話や時間帯が合わなくなり
疎遠になる。居場所が一部のコミュニティに限定される。

家族ができるのは嬉しいけれど、苗字が変わって、家では母親、
外では誰々ちゃんのママになって、私でいられる時間がない。
家庭の事や育児の事に追われ自分の時間がない。


そういう事が少しずつわかってきました。


それならば少しでも社会と繋がれたり、仕事を通して新しい
人間関係ができたり、新しい事ができるようになって、自分
だけの時間を作れるようになって、自分自身を取り戻していく。

そして、自分を大切にできるからこそ、家族やお子さんをも
大切にできる。それがオーバーラインという場で提供できた
なら、とても価値がある事だと思いました。


その為、オーバーラインでは、誰々の奥さんとなる苗字の呼び
方ではなく、名前で呼び合う様にしたり、家族を優先してもら
う為に、急に仕事ができなくなっても良いと決めていたり、
誕生日にちょっとしたプレゼントを送る様にしたり。

そんな、ちょこっとした工夫を少しずつ積み重ねています。


ですが、この取り組みを受け取れるのはわずかです。
それはオーバーラインで働くメンバーの方だけ。
どれだけ頑張っても100人、1000人とはならないわけです。

それで、良いのか?もっとできないのか?
今年に入り少しずつそう感じ始めてきていました。


オーバーラインには理念があります。

それは、

主婦が社会と繋がりながら活躍できることに喜びを感じ、
実現できる環境を創造し提供し続ける

です。


上記の通り、私たちは色々な取り組みをしてきました。

少しずつですが実際にメンバーには喜んでもらってはいます。
しかし、もっとやれる事がある。事業を拡大し、もっと多くの
主婦の方に何かしら提供できる事があるのだと強く思いから
今回の新事業部を作りました。

それが“主婦向けのお仕事情報サイト”の運営です。


今回のサイトを作るにあたって想いがあります。
それは、やるからには主婦の方が仕事を見つけるにあたって
必ず見るサイトにする事。

今日の夕食に迷ったら“クックパッド”、
日常的な疑問や悩みなら“発言小町”、
そして、仕事の悩みなら、オーバーラインの主婦のお仕事サイト!

そう言われるものを作ろうと思います。

主婦の方が一番見るお仕事情報サイトを目指そうと思います。


でも、一番重要なのはこのサイトではりません。

大切なのは、このサイトが盛りあがる事ではないです。
そうではなくて、このサイトを通して主婦の方の仕事感が変わり、
雇用側の仕事感も変わる事。より幸せを感じながら働く主婦が増えて、
雇用主もそれにより、幸せと利益の両方が叶う。

育児と仕事のどちらかを犠牲にせずに両方を叶える働き方。
こういう考えややり方が発信できればと思っています。

そうしたなら、新しい考えが広まっていき、社会が変わっていくでしょう。


そんな事を目指しています。


そうなれると信じているからこそのこのサイトをスタートするのです。



ちょっと熱い文章ですみません。
普段はこういう事は書かないのです。

でも、今回の募集は何よりも共感できる人に、何かしらの
想いがある人に応募をしてもらいたいと思っています。

そういう人達と一緒にやっていきたいです。
ですので、敢えて文字にさせて頂きました。

共感してもらえたら嬉しいです。
そして、一緒に仕事ができたならとても嬉しいです。


では、あなたのご応募お待ちしています。
私たちと一緒に作り上げましょう。


オーバーライン 代表 松本千春
posted by オーバーラインのお仕事 at 00:27| 代表:松本から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

自己紹介

はじめまして、こんにちは。

オーバーラインの代表、松本千春と申します。

HP用顔写真小.jpg この度は、興味を持って頂きありがとうございます。

 どういう人間と仕事をすることになるのかは
 気になると思いますので簡単に自己紹介しますね。

 住所:東京都大田区在住
 性別:男性
 職業:インターネットビジネス/WEB販売コンサルタント
 インターネットでのビジネス全般を行っています。

年齢:33才
趣味:ヨガ・トレイルランニング・アウトドア・
ボルダリング・旅行(海外も国内も)・読書

色々な体験をすることが好きで、やった事としては自転車で日本一周。
ヒッチハイク、スカイダイビング、サハラマラソン完走、24時間走
(150kmを走る)完走、700kmのカヌーレース完漕、キリマンジャロ登頂 等々

インターネットの仕事をしていますが、根っからのインドア派でもなく、
上記のプロフィールで示すほどアウトドア派でもありません。
仕事も身体を動かすのも両方好きな普通の男性です。

オーバーラインをやっていての“代表の想い”はこちらにまとめました。
posted by オーバーラインのお仕事 at 19:21| 代表:松本から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

代表の松本より


オーバーラインでは、現在働いている方の9割が女性。
主婦の方が8割という環境です。

正直、オーバーラインの報酬は決して高くないと思います。
そして、適当な仕事はしてもらいたくないので、できるまで
フィードバックはさせてもらっています。
また、毎月仕事内容は振り返ってもらっています。

ですので、他を探せば楽に働ける環境はたくさんあるはずです。


それでも、仕事を続けてもらってる方には

・独身で仕事をしている時よりも人間関係の幅が広がり、
世界が広がった!
・仕事をしていた時の自分が取り戻せたし、当時の時に
果たせなかったものをここで果たしたい!
・もっと色々やりたい!と思っていたのでこの環境が
嬉しいし、勉強になっている

という声をもらっています。


僕自身は未婚なのでわからない事だらけです。
それでも主婦の方と話をしていてわかった事は・・・

主婦の方は、一般的に家庭と、ママ友という環境があると思います。
お子さんができた事で得られたそれらはとても素晴らしいのですが
どちらも◯◯ちゃんのお母さんと呼ばれます。ですから、独身時代と
比べて自分のアイデンティティを失った感じがあるとよく聞きます。

それならば、仕事をしてもらう中で、その環境を作ろうと思いました。
・仕事を通じて、自分自身のアイデンティティを取り戻してもらう
・社会と繋がってもらう
・他の主婦の方と繋がってもらう
・自分自身を試し、成長してもらう

そういう事を通してより世界が広げてもらったらと思っています。

実際は大きな会社ではないので大それた事ができているわけでは
ありません。それでも、働く方にとって、オーバーラインの存在が
より幸せにつながったり、生活に潤いを与えるものになったなら
僕としてはこれ以上嬉しい事はありません。

共感してもらえた新しいメンバーとお仕事をできる事を心より楽しみに
しています。                 
                        代表 松本千春
posted by オーバーラインのお仕事 at 10:27| 代表:松本から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする